異業種への転職

転職を考える時、思い切って異業種の世界に飛び込むこともあります。
この時に考えたいことは、年齢です。


異業種ということは、未経験であることですから、企業がその人材を求めていることが前提になります。
例えば、30歳で新入社員と一緒のことを行うということになります。
そこで、20歳と同じ仕事をやる上で、30歳はいらないということになってしまったら、元も子もありません。
ただ、異業種への転職での強みとしては、ビジネスマナーがしっかりとしている、大人であるということです。
今まで営業などを経験していたということであれば、機動力や会話術なども生かすことができます。
そこが、新入社員と転職者の大きな違いです。


仕事を一から教わることは同じでも、転職の強みとしては、即戦力にならなくても大人としての行動が評価されることが大きいことでしょう。
そして、何よりもここから新しいことをしたいというチャレンジ精神を強くアピールすることで、企業側に大きく自己アピールすることができます。
そういった期待を持たせることで、転職者としての強みを前面に打ち出すことができます。
履歴書などにも、その辺りは備考欄にかきこんで自分を売り込むことです。


本当は異業種ということでドキドキですが、その気持ちをバネにして、チャレンジ精神で打ち勝つことが大切かもしれません。
年齢制限があったとしても、その意気込みを勝ってくれる企業であれば、少しのオーバーエイジの点について問題はないでしょう。


▼特選サイト
異業種へ転職する際に参考になるサイトです ⇒ 転職

Copyright © 2014 転職のノウハウ All Rights Reserved.